インタビュー
マンションリフォームマネジャー・インタビュー06
石川理大 写真
名刺に刷られた「マンションリフォームマネジャー」の一行が信頼と自信に
石川理大
三井不動産リフォーム株式会社 千葉支店 技術サポートセンター コンストラクションエンジニア
マンションリフォームマネジャー(平成24年度合格)
写真 私は2012年に三井不動産リフォームに入社して、主にマンションのリフォーム工事の管理を担当しています。若いということで初めてお会いするお客様の中には「大丈夫かな?」と不安を感じる方もいらっしゃると思うのですが、リフォームの知識はもちろんのこと、名刺に書かれた「マンションリフォームマネジャー」の文字がお客様に安心感を与え、仕事を円滑に進めるのに大いに役に立っています。

私がマンションリフォームマネジャーの資格を取得したのは、会社から内定をもらった際に、入社までにこの資格を取っておいた方がよいと薦められたことがきっかけでした。

試験のちょうど1カ月前に「マンションリフォーム推進協議会」が主催する学生向けの直前講座があったので参加しました。大学では建築を学んでいましたが、リフォームに関する授業がなかったので、講座ではリフォームとはこういうものだという基本的な知識を得ることができました。また参加者のほとんどは建築の勉強をしていた学生なので製図の基礎はある程度できていたのですが、そこで教えていただいた製図問題のコツといったものが実際の試験に大変役立ちました。

仕事では工事担当として管理組合と管理規約について話す機会があります。その際に「ドアの室内側の塗装はOKだが、廊下側は共用部だから駄目」とか、「サッシは共用部だから勝手に替えてはいけない」など受験の時は丸暗記していた規約の知識が、あれはこういうことを言っていたのだなとリンクしてくることが多いです。製図をする際もやはりリフォームの製図は建築士の勉強だけではカバーしきれない部分もあるので、私にとってマンションリフォームマネジャーの資格の勉強はマンションリフォームの制約、あるいは逆にリフォームの自由度をつかむための武器として実務の中で役立っていると思います。

私は大学でリフォームについて学ぶ機会はほとんどなかったのですが、今は大学でリフォームについて学ぶ機会も少しずつ増えているようです。仕事を始めてしまうとCADで書くことが多くなったり、仕事によっては図面を描く機会がなくなってしまうこともあると思うので、建築を学んでいるなら学生時代にマンションリフォームマネジャーの資格を取得しておくのもよいかと思います。

また、この資格には建築士のような受験資格がないので、文系の学生でも取得できるというのは大きなポイントではないでしょうか。なによりも学生には社会人にはない「時間」という強みがあります。リフォームに限らず建築、不動産、インテリア関係の仕事を目指すなら、学生の間にマンションリフォームマネジャーの資格も取得することで、卒業後、即戦力として会社に貢献できるだけでなく、活躍の場も広がるのではないかと、今になって実感しています。
マンションリフォームマネジャー・インタビュー05
奥岬秀一 写真
受験で得た知識を中古マンションのリノベーションに活かして
奥岬秀一
株式会社リノステージ 統括部長
マンションリフォームマネジャー(平成23年度合格)、インテリアコーディネーター
写真 私は内装の職人や電気工事の仕事を経て、マンションリフォームの世界に入りました。今の職場であるリノステージは、グループ企業の不動産会社「エフステージ」が仕入れた中古マンションのリノベーションを行っています。

私がエフステージに入社した当時はまだ人数も少なく、仕事に役立つ資格を持っている人がいませんでしたので、まずはインテリアコーディネーターの資格を取得しました。
主力であった中古マンションの売買からリフォームへと事業領域を拡大する中、現場で培ってきた知識だけではなかなか対応できず、何か問題が発生してから慌てて調べるということもありました。
私自身もこのままではいけないと感じ、インターネットで何か勉強をする方法はないかと調べている時にマンションリフォームマネジャーという資格があることを知りました。この資格を取得すれば知識も深まるし、名刺に「マンションリフォームマネジャー」という肩書が入れば、管理組合などと話をする時の自信にもつながると思って勉強を始めたのが資格取得のきっかけです。

会社の同僚にHIPS(ハウジングエージェンシー)という資格スクールでインテリアコーディネーターの勉強をしていた人がいたので、その同僚の紹介でHIPSのマンションリフォームマネジャーの講習を受講することになりました。学科試験への対応については、ひたすら勉強して暗記すればなんとかなるかなと思っていましたし、勉強して覚えた一つひとつのことがすぐに実務に生かされるのでさほど苦になりませんでした。一方で製図については実務でパソコンを使うことが多く、手書きの図面をほとんど描いたことがなかったのでかなり不安でした。しかしHIPSの講座を受講したことと過去問題を何度も勉強したことで、無事に合格することができました。

資格の勉強をする前は、実務においてもマンションの専有部、共用部の区別が難しく、管理組合との話し合いの際に言われるがままになってしまうこともありましたが、資格取得の勉強を始めて知識を習得してからは、自信を持って対応できるようになりました。またプランニングや設計の際にはお客様の要望に対してよりよい提案が可能になったことも実感しています。

今は現場を離れて統括部長として企画から施工、そして事務的なところまでトータルでマネジメントをしています。現場出身なので現場に行けないのは寂しいですが、これからは今まで蓄積してきた技術や知識を後輩たちに継承し、マンションリフォームマネジャーの資格取得のサポートも含めて、お客様のニーズに適切に応えられるマンションリフォームのプロを育てていければと考えています。
マンションリフォームマネジャー・インタビュー04
今永恵理子 写真
資格取得のための勉強がお客様への提案の幅を広げる
今永恵理子
株式会社東急コミュニティー マンションライフ事業部ライフサポート事業推進部リフォーム事業PT 
マンションリフォームマネジャー(平成22年度合格)、宅地建物取引主任者、インテリアコーディネーター
写真 東急コミュニティーはマンション・ビル・施設等の管理を主に行う会社です。これに派生して、マンションの共用部分の大規模修繕工事、専有部分のリフォーム工事なども対応しております。
 私は平成20年に入社し、マンションリフォームに関する商品の企画や広報・宣伝活動に携わりながら、間接的にお客様の多様なニーズに対する「提案」を行っています。直接お客様にお会いしてお打合せやご提案する機会は多くありませんが、当然専門知識は必要になります。平成20年にリリースした定額制全面リフォーム商品「CORETTO−コレット−」の開発は私が入社して最初に関わったプロジェクトでしたが、「マンションのリフォーム」に関する専門知識がないとできない仕事でしたので、これを機にきちんと体系的に勉強してみようと考えました。実務的な知識をより深めるために「マンションリフォームマネジャー」資格試験用のテキストも利用していましたので、「せっかく勉強したのであれば、この資格を取得してみよう!」と今回受験することにしました。
 広報・宣伝活動においても、その記事の内容を考える際には専門知識を踏まえながら構成を考えることが重要です。時には商品企画や販促企画と連動して工事に関連する商材メーカーなどと交渉し、よりお客様のニーズに具体的に応えるための記事を作成していきます。そしてその記事をご覧になったお客様から電話でお問い合わせをいただき、より詳しい内容をご紹介しながら、実際にリフォームプランをご提案する担当者に引継ぎを行うこともあります。また、リフォームをご検討中のお客様やリフォームを当社でしていただいたお客様を対象に相談会やセミナーなどのイベントの企画・実施なども行っており、そうした際には直接お客様とお会いします。
 これらのどの場面でもプロとして専門知識を基にお客様にご提案することが必要ですが、「マンションリフォームマネジャー」資格試験のための勉強は提案の幅を広げてくれる1つの要素になりました。これからもリフォームに限らず暮らしを彩るアイデアや企画のご紹介を通じて、お客様に新たな発見をしていただける、心が潤いに満ちるような機会をご提供し、一人でも多くのお客様に感動していただける仕事をしていきたいと思っています。
 「マンションリフォームマネジャー」資格試験のための勉強は、私のようにマンションリフォームに関する商品の企画や広報・宣伝活動などを通してお客様に関わる仕事をされている方達にも提案や企画の幅を広げてくれる1つの要素になるのではないでしょうか。
マンションリフォームマネジャー・インタビュー03
山内京子 写真
資格取得のための勉強が、必ず実務で活きてくる
山内京子
東京ガスリモデリング潟潟買Bングモア町田 
マンションリフォームマネジャー(平成21年度合格)、
二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級資格保有
写真 以前はディベロッパーに勤務し、モデルルームでマンション販売に携わっていましたが、インテリアに興味があり、インテリアコーディネーターの資格取得を機に、現在の会社でお世話になっています。「お客さまコンサルタント」として、お客様へのアプローチに始まり、設計、見積、工事監理・引渡しまで、リフォームのすべてを担当しています。
 私どもの会社では、建築士の資格取得が義務化されており、その上でマンションリフォームマネジャーなどの資格を取得すべく、入社した段階で、それぞれの社員に資格取得のためのカリキュラムが組まれます。私は、まずは2級建築士の資格取得に集中し、昨年はマンションリフォームマネジャー試験に取り組み、資格を取りました。
 勤務地の町田エリアで扱う物件はマンションよりも戸建住宅が多く、私自身の業務も戸建リフォームが中心ですが、もちろんマンションも手掛けています。マンションリフォームの現場では、区分所有法等による制約があり、管理組合の取り決めに則り、近隣に細心の注意を払い工事を行いますので、マネジャー資格の勉強で得た知識が役立っています。受験に使用したテキスト、「実務者必携」はマンションリフォームについて体系立ててまとめられており、受験を通して学んだことは、実務を進める上で再確認することで活かされていると思います。
 これから受験を考えておられる方には、「資格を持っていればお客様の信頼が高まる」ことはもちろんですが、その時の勉強が、実務で必ず活きてくると申し上げたいです。